株式口座選び > 株取引口座と特定口座
株取引口座と特定口座

株取引の口座で特定口座という口座があります。特定口座とは証券会社の口座の種類の一つですが、株の売買をしたときに利益が出た場合には、税金の申告や税金を納める必要があります。特定口座は、これらの納税を簡単にできる口座です。株の売買をして利益を上げた場合には、その利益に対して税金がかかってきます。申告する際には分離課税で利益の額を計算した1年間の取引報告書を作って、税務署に出して利益の額の対象となる税金を納めなければいけません。

口座を開設する際に、普通口座を選んでしまった場合には、1年間の取引報告書を自分で作成して、納税を自分で行わなくてはいけません。しかし口座開設をする際に、特定口座を選んだ場合には、損益の計算書を作成することなども、証券会社の方で行ってくれますので、年間取引報告書を自作しなくてもいいことになり、とても手間が省けます。自分で作るのはとても大変ですし、手間もかかりますし、確定申告をしたことがない人や税金の計算をしたことがないという人にとっては、かなり大変で難しいことになりますので、口座開設をする際には、特に理由がない人というのは、特定口座を選ぶ方が無難です。

特に初心者の場合には、特定口座を選ぶようにしておくと、年間取引報告書などを作成する必要もありませんしスムーズに、税金を納めることができるのです。特に何も理由がないという場合には、特定口座を選ぶように、口座開設時は気をつけましょう。

Copyright ©  株取引の口座選び All Rights Reserved.