株式口座選び > 複数の口座を使い分ける
複数の口座を使い分ける

株取引の口座を選ぶ際には、一つの口座だけに絞るのではなくて、複数の口座を使い分けてみるというのも一つの方法です。証券会社の株取引口座というのは、銀行の口座とよく似ていますから、いくつ持っていてもいいのです。銀行口座も使い分けたり、複数持っているという人は多いと思いますが、株の口座も複数持っていてもいいのではないでしょうか。特にインターネット証券の場合には口座を維持する費用なども一切かかりませんから、複数の証券会社に口座を開いておいて、それぞれ自分の投資のスタイルに合わせて使い分けてみるというのも一つの方法ですし、とりあえず開設だけしてみて使い比べて一つに絞るという方法でもいいと思います。取引に関しては手数料が安い会社の口座で取引をして、パソコンが使えない日については逆指値注文が利用できる口座を利用して自動売買をして、小額の取引の場合には、20万円以下の取引手数料が無料になる口座を利用するといった方法で、あちこちの口座のメリットばかりを利用して、手数料を上手に使い分けて節約をするというのも一つの方法です。

複数の株取引口座を使い分ければこのように、手数料が節約できますし、また、それぞれの証券会社の情報ツールをすべて使うことができるというメリットもありますのでお勧めです。一つの口座に最初から決めてしまうのではなくて、まずは気に入った口座を複数作った上で、使い分けてみるのもいいでしょう。

Copyright ©  株取引の口座選び All Rights Reserved.